群馬県で一番歴史の長い矯正専門医院 前橋矯正歯科

患者様の感想

« Prev1...678910Next »

2013/05/08(水) 矯正治療を受けたお子様ご本人の感想です。
私は矯正をする前、八重歯が1本ありました。特に気にはしていませんでしたが、歯科検診で、矯正を勧められたので、始めることにしました。
いままで矯正をした事がある人や、実際にしている人の話を聞いてみると、『大変だよ~』とか『痛いよー』などと言っていたので、とても不安でした。
それに私は当時、小学校のマーチングバンドに所属しており、トランペットを吹いていました。だから、楽器が吹けなくなるんじゃないか…と、とても心配になりました。でも、全然問題なく吹けました。
ちなみに、今吹奏楽部でサックスを吹いています。みんなに『矯正してて吹きづらくないの?』と言われますが、全然大丈夫です。毎日楽しく吹いています。
そして、私は将来“ウエディングプランナー”になりたいと思っています。お客様に、自信をもって笑顔で話せるよう、矯正が終わっても、歯みがきを一生懸命して、夢に向かって頑張りたいです♪
2013/04/15(月) 矯正治療を受けたお子様のお母様の感想です。
子供が寝ている時、出っ歯なので口を開けて寝ていました。矯正をすると顔もきれいになるし、体にも良いと聞いていました。女の子なので、やはり笑顔のきれいな子になって欲しいとも思いました。
不安だったことは、やはり痛さや期間で、子供が耐えられるかが心配でした。金額も決まっていたので、その点では安心でした。大変だったのは調節した直後の痛みと、歯みがきが本人には大変そうでした。
器具が外れたのが卒業式前だったので、本人は喜んでいました。中学に入ると同時に、また本人も生まれ変わったように感じます。自分に自信が持てたようです。
予約制なので、他の人に会わないのもいいですネ。
長い間、大変お世話になりありがとうございました。また今後共、宜しくお願い申し上げます。
2013/04/05(金) 矯正治療を受けたお子様とそのお母様の感想です。
「治療を受けたお子様の感想」
記念さつえいなど写真をとる時、笑うと写真に悪い歯ならびが写ってしまうのが気になっていました。
矯正治療をする前、歯がいたくならないか不安でした。
でも、実際にやってみたら、いたくありませんでした。
矯正治療をして、いちばん大変だったのは、歯みがきです。
今までのようにみがけなかったので、むし歯にならないか心配でした。
次に大変だったのは、口内炎です。
最初のときは、口内炎がたくさんできてしまいましたが、最後のほうは大丈夫でした。
矯正治療が終わって鏡を見た時、歯ならびがとてもきれいになっていてびっくりしました。今までは写真をとるときに思いきり笑えなかったけれど、きれいになって初めて写真をとったとき、思いきり笑えて嬉しかったです。

「お母様の感想」
両親の歯並びも良くないので、子供の歯が前に出始めた事が低学年の頃から気になっており、矯正をしたいと思っていました。
なぜ矯正治療を始めようと思ったかというと、友人の紹介があったからです。
矯正治療をする前に不安だったことは、食べ物の制約が多いのでは? 歯みがきが大変なのでは? 自分で管理できるのだろうか? ということです。
実際に矯正治療が始まってみると、特に大変なことはありませんでした。最初の頃は多少痛がったり、口内炎に悩んでいましたが、後半は大丈夫だったようです。
途中から、意識が高まり早くきれいになりたいと思ったようです。
予約もきっちり入れて、がんばりました。
今は笑顔が自然にできるようになり、歯並びもきれいで良かったなと思います。
ありがとうございました。
2013/03/30(土) お子様が矯正治療を受けたお母様の感想です。
小学生になってから歯科検診などもあり、むし歯の治療に通うたび歯医者さんに歯並びのことを言われていたので、女の子だし歯並びはきれいな方が良いと思い紹介して頂いた矯正歯科を受診することにしました。
小学校1年生で矯正治療を始めましたが心配だったことは装置をつけるので、
他の人から見て何か言われないだろうか…
装置をつけていて不便な事はないだろうか、何年もかかって大丈夫だろうか…
いろいろと心配することもありました。
でも今は装置もなるべく目立たないものになっているし、治療後は数日間痛いこともありますが、その後は普通に生活できます。
歯みがきが少し大変でした。
娘も嫌だとか歯医者に行きたくないとは言わなかったので、2年間通うことができました。
装置がはずれた時、きれいな歯並びになっていて本当に良かったと思います。
通いはじめは長く感じましたが、今はとてもホッとしています。
先生方のおかげです。ありがとうございました。
2013/02/07(木) 矯正治療を受けたお子様ご本人の感想です。
ぼくの歯は前歯が一本だけ変な方にむいていました。少し気にはなっていたけど治せるというのを知りませんでした。
学校の検診で歯医者に行くように言われ、初めて治せることを知りました。歯に矯正器具をつけるのは不安だったけどお父さんやお母さんと一生けんめい相談して治すことにしました。
はじめは歯に器具を付けられて変な気分がしたし、少し痛かったのでいやだった。食べ物がはさまって食べにくいこともあったし、歯みがきもよく出来ませんでした。でもだんだん慣れてきて器具が付いているのがふつうになりました。
今まではあまり気にならなかったけどぼくの周りにも矯正器具を付けている友達が何人かいることも知りました。
器具がはずれた時はすごくうれしかったし気になって舌でさわっていました。歯ならびがきれいになって今では歯を見せて写真がとれるようになりました。
2013/02/01(金) 矯正治療を受けたお子様ご本人の感想です。
矯正治療前は歯をみがく時、デコボコしていてみがきづらく、カラーテストで赤いのが少しのこっていたのが気になっていました。
矯正治療を始めようと思ったのは歯がよくみがけなくて虫歯になると困るからです。
不安だったのはどうやって装置をつけたりはずしたりするのかわからなかったことと痛かったり装置がじゃまになるなぁと思ったこと、そして、装置をつけていると歯みがきがしづらくて虫歯になってしまうのではないかと思ったことです。
治療はつけたりはずしたりする時にずっと口を開けているのが大変でした。
歯ならびがキレイになって歯みがきがしやすくなったので虫歯にならないように気をつけていきたいと思います。
2012/12/26(水) お子様が矯正治療を受けたお母様の感想です。
前歯の一番目立つ部分の歯が曲がって生えてきてしまい、笑うたびにガタガタの歯並びが見える口元がずっと気になっていました。
なぜ矯正治療を始めようと思ったかというと、息子が自分の笑顔に自信がもてるようにしてあげたかったからです。
私と主人は、共に管楽器を吹いているので、楽器を吹く面でも、歯並びが重要なことは以前から知っていました。息子が将来、楽器を吹くかどうかはわかりませんが、やりたくなった時、歯並びが演奏のさまたげになり、音楽をやるという選択肢がなくなってしまうことは避けたかったのです。
歯が動くということは痛みを伴うことだと聞いていたので、痛みがどの程度か不安でしたが、幸い、息子は、ほとんど痛みを感じることもなく、矯正装置もほとんど目立たないものだったので、無理なく続けられました。
矯正治療中の苦労は、歯磨きがうまくできないことと、大好きなおもちが食べられない事が大変(!?)でした。
治療が1年半~2年かかると聞いた時は長いなぁと思いましたが、終ってみるとあっという間で、月一回の通院のたび、治療前の写真と比較してくれたので、治ってきているのが一目瞭然で、その都度、通ってよかったなぁと思っていました。
歯は一生もので、何ものにも変えられません。
キレイに治していただいた歯を大切にしていきます。
長い間、本当におせわになりました。
親切、丁寧な、診察、治療、対応に心から感謝しています。ありがとうございました。
2012/10/15(月) Sさま、おめでとうございます
2年間の矯正治療が終わった今、私が治療を考えている方に伝えたいことは、『悩んでいるのなら、とにかく始めた方が良い!』ということです。
『矯正装置をつけるのが恥ずかしい』、『2年間は長過ぎる』などといった不安がある方もいるかも知れません。実際私も治療を始める前はこれらのことを心配していました。しかし、私の場合ガタガタな歯並びがコンプレックスだったため、矯正装置をつけるにしろ、つけないにしろ、見た目が気になることに変わりはありませんでした。このままずっと、見た目にコンプレックスを抱えたまま過ごしていくのか、それとも少し我慢をしてキレイな歯並びを手に入れるのか…。
そう考えると、2年という時間はただの点にすぎないと思えました。実際に、終わってみると、あっという間の2年間でした。初めの頃は見た目にも装着感にも多少の違和感はありました。しかし、慣れてくると自分では全く気にならなくなりました。それどころか、徐々にキレイになっていく歯並びを見て、とてもわくわくしていました。気になったことといえば、『食べ物(特に麺類)が装置にはさまりやすい』ということくらいでした。でも、そのおかげでこまめに歯磨きをするという良い習慣が身に付きました。
 歯磨きといえば、装置が外れてキレイな歯並びになってからは、歯磨きをするのがとても楽になりました!これからは、虫歯ができないようにしっかり歯磨きをすることができるので、これも矯正をするメリットのひとつだと思います。他にも矯正をして良かったことがあります。それは噛み合わせが良くなったことです。以前は噛み合わせも悪く、食事は片方の歯だけで噛む癖がついていました。両方の歯で噛むことができて、食べたい物を食べられるということは、これから年齢を重ねていった時に、いつかありがたみがわかる日が来るはずです。
 そして何より私が、矯正をして最も良かったと思うのは、見た目(歯並び)が良くなったということです。私は矯正をする前は、歯並びを気にしていたので、初対面の人と話す時は必ず口元を隠していました。でも今は、隠さずに堂々と話したり、笑ったりできるようになりました。見た目のコンプレックスが無くなった今、毎日が輝いています。こんなに世界が変わるなら、もっと早く始めていたら良かったのに…と少し後悔する程です。
 ですから、今治療をするかどうか迷っている方には是非、治療をお勧めします。キレイな歯並びで、明るい笑顔と明るい未来を手に入れてください。
2012/07/30(月) Mさま、おめでとうございます
私は小学校5年生の時に矯正を始めました。それまで私は何の違和感も感じず、生活してきました。
しかし、ある日母に『その出っ歯、どうにかした方がいいんじゃないの?』と薦められて、矯正をすることになりました。
ですが、私の中には歯医者・矯正=痛いというイメージが多くあり、最初はとても不安でした。
まず治療には第1期と第2期があります。第1期では、針金をつけて歯をひっこめ、歯並びを治します。この1期が大変でした。歯の型をとったり、装置や針金をつけたてだと痛くて硬いものが食べられなかったり装置のせいで歯磨きの仕方が難しく、面倒だったり。
しかしこの第1期を乗り越えれば第2期は1期に比べたら、大分楽です。マウスピースを作るのにもう1度歯の型をとったりしますが、第2期で大変なのはそこぐらいです。
そんな大変さを乗り越え、驚くほどキレイな歯になった今は自分の笑顔に自信と誇りを持つことができ、毎日の生活を楽しく過ごしています。
鏡の前で笑うことも好きになりました。私をこんな風に変えてくれた先生方に今は感謝の気持ちでいっぱいです。
おまけ:ついこの間の学校の歯科検診で、歯並びも良くて、虫歯もなくて素晴らしいねと言われたことが、すごく嬉しかったです!!
2012/06/30(土) Sさま、おめでとうございます
治療前は、歯並びを気にするあまり、大きく口を開けて笑うことを控えてました。また、歯並びが不揃いであり、歯みがきで苦労をしてました。
少しでも改善したいと思い、矯正治療を始めようと思いました。
装置をつけている間(2年強)で一番大変だった事は食事でした。食べ物が装置と歯の間に挟まり、外食時はトイレによくうがいや歯みがきをしに行ってました。
今では食事中、歯間に食べ物が挟まったりといった心配がほぼなく、歯みがきも従前とは比べものにならないくらいスムーズにできております。
治療して良かったと日々感じております。

« Prev1...678910Next »