前橋矯正歯科



インビザラインはご自身でマウスピースの着け外しをする治療ですので、前橋矯正歯科ではご自身で責任の取れる大人の方に向けた治療法としています。子供のインビザラインでの治療はお受けしていません。

どんな治療法なのか
一人ひとりの歯に合わせて作製された透明なマウスピースを2週間ごとくらいに交換していくことによって、歯が理想的な位置に動いていきます。歯の移動様式に限界がある場合は従来の装置を併用することがあります。
似たような治療法は数種あるようですが、このインビザラインだけが、特許を取っています。
全世界で250万人の方が治療を受けています。



メリット・デメリット
ご自身で取り外しが可能なので治療に対する「ヤル気」や「協力性」が何より重要になります。

メリット
透明なマウスピースなので装着していても目立ちません。
取り外しが可能なので食事や歯磨きも普段通りに行えますのでお口とマウスピースを清潔に保つことができます。
従来の矯正装置よりも不快感が軽減されます。



デメリット
1日の装着時間が短いと歯の動くペースが遅くなり、期間が長引いてしまいます。
(1日20時間以上の装着をお願いしています。)

インビザラインが自分に適しているか
インビザラインでの治療は全ての方に適しているわけではありません。
※歯の移動様式に限界があるため、治療は症状の軽い方に限定しています。



もし、インビザラインで治すことが不可能と判断した場合はブラケット装置を使った治療になります。

治療の流れ