前橋矯正歯科

前橋矯正歯科は現理事長である大谷宣夫(おおたにのぶお)が1983年に現在の場所、前橋市表町に開院しました。当時、矯正歯科専門医院としては草分け的存在で、現存する専門医院では群馬県で一番長い歴史があります。

1.大谷祥太郎による大谷歯科医院の開設
大谷宣夫(おおたにのぶお)は歯科医師としてはじつは三代目で、初代と二代目は矯正専門ではない一般歯科医院「大谷歯科医院」を渋川町(現在の渋川市)で開業していました。


初代 大谷祥太郎


1913年開院当時の大谷歯科医院

前橋矯正歯科の前身とも言うべき大谷歯科医院は初代大谷祥太郎(おおたにしょうたろう)が今から約100年前の1913年に開院しました。(写真)
初代大谷祥太郎(おおたにしょうたろう)は非常に社公的でお付き合いの範囲が広かったそうです。群馬県の歯科医師会会長や、県会議員も務めました。かなりの有名人だったようです。

2.大谷文夫への大谷歯科医院の継承


二代目 大谷文夫


渋川市の大谷歯科医院(現在は閉院)

初代から大谷歯科医院を引き継いだのが、二代目の大谷文夫(おおたにふみお)でした。
二代目は高等歯科専門学校卒業後すぐの20歳くらいから大谷歯科医院を引き継ぎました。その後80歳くらいまで現役で診療を続けましたので、60年以上という非常に長い間地域医療に貢献しました。
また渋川高校の学校歯科医を長年務め、渋川の歯科医師会副会長も務めました。


1973年頃の集合写真
一番左 二代目の大谷文夫
左から二番目 三代目の大谷宣夫
中央の赤ちゃん 四代目の大谷伸一

3.大谷宣夫による前橋矯正歯科の開設


三代目 大谷宣夫


1983年の開院当時

現理事長である三代目の大谷宣夫(おおたにのぶお)は矯正治療に大変な熱意を持っていたので、大学付属病院の矯正科で13年間という非常に長い期間勤務しました。
「自分の矯正治療の専門技術を役立てたい!」という強い信念があった大谷宣夫は、二代目の理解もあり渋川市の大谷歯科医院を引き継がずに前橋市に矯正専門の歯科医院「前橋矯正歯科」を開院する決断をしました。
1983年、現在地の前橋市表町に前橋矯正歯科は開院しました。
前橋市では初の矯正専門医院ということもあり、開院当初から大変多くの患者様に来ていただきました。
遠くは草津や片品、館林や埼玉県からも来ていただきました。満足していただいたおかげか、兄弟三人全員が矯正治療をされたご家族もいらっしゃいました。
1980年代当時は矯正専門の歯科医院はまだまだ珍しく、矯正治療の社会的な認知度もまだまだ低かったので、患者様に矯正装置や期間、料金について理解していただくのも大変な時代でした。
しかし美や健康に対して意識の高い方には、当時からとても喜ばれました。

4.大谷伸一による前橋矯正歯科の継承


四代目 大谷伸一


現在のメンバー

2002年から四代目の大谷伸一(おおたにしんいち)が前橋矯正歯科の副院長として勤務を始めました。
三代目と同じく矯正治療ひと筋に大学付属病院矯正科で研修しました。
四代目の大谷伸一は医院の改革を行い、「従業員のやる気、充実感がアップする職場の仕組み」「患者様への分かりやすい説明」に特に力を入れました。
2008年に四代目の大谷伸一(おおたにしんいち)が院長となり、三代目の大谷宣夫(おおたにのぶお)は理事長に就任しました。
2009年3月に医院の全面改装、リニューアルをおこない、設備が群馬で最新のものに生まれ変わりました。
前橋矯正歯科は「長年積み重ねられた確かな経験、技術」と「最新の機械設備」の両方が整いました。これからも群馬県で「一番安心」な矯正治療を提供していきます。