前橋矯正歯科は群馬県の前橋市・高崎市・伊勢崎市エリアに対応した矯正歯科・歯列矯正専門医です

初診相談
お気軽にご予約ください

新型コロナウィルス対策のため

「器具の滅菌やアルコール消毒、換気の徹底」
密を避けるため、他の患者さまとなるべく会わないよう「完全予約制」の個別診療を実施しています。
安心してご来院ください。

前橋矯正歯科は群馬県の前橋市・高崎市・伊勢崎市エリアに対応。
歯列矯正専門医院です。
確かな経験と技術で《安心》な矯正治療を。

「技術的に安心な治療を受けたい」
「矯正治療は一生に一度のことだから手間ひまかけてもきちんと治したい」
このようにお考えの方、私たち前橋矯正歯科にお任せください。
前橋矯正歯科は、歯列矯正専門医院です。
1983年から30年以上にわたり一貫して矯正治療を専門に診療しています。

専門ならではの「安心・安全」な治療が前橋矯正歯科の特徴です。

まずは初診相談で歯列矯正治療の不安を解消してみませんか?
歯列矯正治療をお考えの方、是非お気軽にご相談ください。

前橋矯正歯科の特徴

歯列矯正治療が
専門の
歯科医院なので
安心

plus

群馬県の前橋市・
高崎市・伊勢崎市
エリアに対応

plus

矯正歯科治療を
専門に行う
歯科医師が常勤

plus

目立たない
歯列矯正装置

初診相談で
不安を解消できる

plus

分割払いも
OK

plus

被ばく量の少ない
デジタルレントゲン

plus

器具は機械で
滅菌しているので
安心

初診相談を検討中の方へ

無料の初診相談をご希望の方は初診相談のページより、料金や期間だけでもご確認ください。
初診相談はご予約制です。
「LINE」「ネット予約」「お電話」で受付しております。

「いきなり初診相談に行くのは不安…。」
前橋矯正歯科では、そんな方のために歯科衛生士がご相談にお答えするLINE相談を行っています。
「料金や期間などもっと詳しく知りたい」「私は矯正できるの?」など、あなたの疑問にお答えします。
お気軽に「友だち追加」してみてください。

ネット予約について
ネット予約で使用されるメールが携帯会社のアドレスの場合、こちらからの返信のメールが届かない事が多いです。
必ずパソコン用のメールアドレスでご予約いただきますよう、お願いいたします。
確認のメールが届かない場合、念のためお電話にてご連絡ください。

お電話で初診相談予約 027-223-6589

歯列矯正治療は「一生に一度するかどうか」と言われる治療です。
「せっかくなら手間ひまかけてもきちんと治しておきたい」
「見た目はもちろん、しっかり噛める歯ならびにしておきたい」
と考えている方に前橋矯正歯科の治療は喜ばれています。

私は歯科医師としては4代目で、1997年に歯科医師になってから
一貫して歯列矯正治療を専門に治療してきました。
私自身も大学生の時に装置を歯につけて矯正治療を受けた経験があります。
その経験から患者様の不安や大変さがよく分かります。
当ホームページに治療期間や料金について詳しく書かれています。
是非ご覧ください。

群馬県前橋市 前橋矯正歯科 院長 大谷 伸一 おおたに しんいち

1997年 奥羽大学歯学部卒業
2001年 奥羽大学大学院(歯科矯正学)博士課程修了
2002年 前橋矯正歯科勤務
2008年 前橋矯正歯科院長

歯学博士  日本矯正歯科学会認定医

アクセス

JR前橋駅北口より徒歩6分。
駐車場完備。
前橋市内にお住いの方はもちろん、高崎市・伊勢崎市など、近隣市町村にお住まいの方にも無理なくご通院いただけます。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2週間で慣れることが多いです。
② 歯の動き方には 個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まりますので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやりなおす可能性があります。
⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。